トップページ

はじめまして。本ページをご覧頂きありがとうございます。
コチラの「健康ビューティケア速報」は美容と健康に関する全国からの口コミを紹介させていただいています。

賢い臓器を鍛えよう

腸は脳から独立している唯一の臓器だと聞いた事があります。その位とても頭が良くて体に重要な役割を果たしているようです。そんな大切な臓器なのに私は腸の働きが悪いんです。便秘には悩まされ、もともと下半身がとても冷え性で寒い季節になればお腹も冷え長の動きが悪くなりガスがたまってしまい恥ずかしい位におならが出てしまいます。なんとか体質を変えたいと常日頃考えている毎日。そんな時新聞広告の「ヘソ下丹田をさする」という文字が飛び込んできました。この手の話には非常に弱い私は早速雑誌を購入しました。丹田とはよく耳にする言葉で東洋医学の話なんだろうということ位しか頭に浮かびませんでしたがじっくり読んでみると「なるほど」と思う程気になる内容でした。何やらおヘソまわり、特に下腹には腸や私達女性にとって切り離せない子宮や卵巣など重要な臓器があり、東洋医学では生きていく為に大切な場所とされる「丹田」があるそうなんです。約6割の免疫細胞が腸に集まっていると言う事から「丹田」をマッサージする事により日々健康に過ごす為、病気になった時に戦う力が出来るんだろうと納得できる内容でした。そう思ったのは私は手術後免疫力の力が足りなかったのか不調な日々を過ごしていたので免疫力を高めなくてはと痛感していたからです。ヘソ下さすりはとても簡単でおヘソの下に重ねた両手を置きそこから10㎝くらいを上から下へ、下から上へと大体2分程度さすり続け温めます(人によってはヘソ下が温まったらもっと短くても良いそうです)。そしておヘソから指3本分下に関元があるのですがそこを両手を合わせ時計回りに5回、反時計回りに5回グルグル回し、中極(おヘソから指5本下)を揺り動かすだけです。回数は朝晩2回行うと良いとありました。布団の中でも出来るのでそんなに苦にならず続けられます。昨年の秋から始めたのですが効果を感じています。まずは冷え性でお腹、足元が冷えていたのですが何だか今年は今頃カイロを貼り、湯たんぽを抱えて眠っていたのにそれがなくなりました。やっぱり体が温かいと感じます。そして便秘も改善されてます。お金もかからず簡単なので「超美人」になりたい方にはおすすめです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ